Top > たこ焼きが生まれるまで

たこ焼きが生まれるまで


着脱式電気たこ焼き器 たこ焼き倶楽部(赤)【楽天シニア市場】【ザ★ポイント06冬】20061225祭5

 

大阪を筆頭に日本全国で食べられ、愛されているたこ焼き。実は、たこ焼きが誕生するまでにはとても長いストーリーがあるのです。

中国から小麦粉を使った食べ物がやって来たのは、奈良時代のことでした。当時は、小麦粉を水で溶かして生地を作り、縄状にした唐菓子と、生地を餅にして焼く煎餅(センビン)というもがありました。戦国時代になると、茶道で有名な千利休が考えだした「麩のもの」と呼ばれる焼菓子が食べられるようになります。この焼菓子は、小麦粉を酒と水で練って生地を作り、焼く時に山椒入り甘味噌を塗りこんだもので、古い文書には茶席で豊臣秀義に振舞ったとも記録されています。この「麩のもの」は、江戸時代になると庶民の間で大流行します。

その後、明治時代には、小麦粉よりも柔らかいメリケン粉がアメリカから輸入され、これを水で延ばして桜えびや野菜などの具を入れ、鉄板で焼いて食べる「もんじゃ焼き」が生まれます。東京では、このもんじゃ焼きは駄菓子屋の片隅にある鉄板で焼いて食べられるようになり、ここから持ち帰り用に水の配分を少なくして固めに焼いた「どんどん焼き」が生まれます。

どんどん焼きはあっという間に全国に普及し、大正時代になると、関西でソースなどを塗って食べられるようになります。これは「一銭洋食」と呼ばれ、安くて美味いものに弱い関西人の心をくすぐる名前でした。しかし、この「一銭洋食」は水っぽい生地を鉄板で焼くため、どうしても平らに広がってしまうのが弱点でした。そして戦後、この弱点を改良した現在の「たこ焼き」や「お好み焼き」が生まれます。

 プロポーズの言葉  自慢できる腕時計  家具の買取り
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
冷凍たこ焼き(2009年8月15日)
大阪たこ焼きミュージアム(2009年8月15日)
たこ焼きの誕生(2009年8月15日)
たこ焼きが生まれるまで(2009年8月15日)