Top > 大阪たこ焼きミュージアム

大阪たこ焼きミュージアム


1200Wのハイパワー、高温250℃で、ふっくらカラッと焼ける電気たこ焼き器 角型22穴

 

USJの隣にあるユニバーサルシティウォークに、たこ焼きミュージアムというフードテーマパークがあります。大阪人が自信を持ってオススメする有名で人気のあるたこ焼きのお店が5件入っていて、元祖たこ焼きからこだわりの創作たこ焼きまで、個性豊かな味を楽しめます。
それでは、5店それぞれのたこ焼きの特徴を紹介しましょう。阿倍野で創業19年の「やまちゃん」は、風味豊かなこだわりの生地が特徴で、何もつけずに食べるのがオススメです。生地は、鶏がら・玉ねぎ・人参・キャベツなどの野菜とパイナップル・リンゴなどの果物を10種類以上合わせて4時間煮込んだスープに、昆布とかつおでとったダシを混ぜ、さらに粉を加えたもので、毎朝4時から煮込んでいます。

たこ焼きの元祖「会津屋」も醤油風味の生地が特徴で、外皮は薄くカリっと、中はクリーミーな冷めても美味しいたこ焼きです。

アメリカ村で大人気の「甲賀流」は、山芋たっぷりのもちっとしたたこ焼です。フルーティな特製ソースと、糸のようにかけられたオリジナルマヨネーズが特徴です。

平成2年に開店してから口コミであっという間に人気となった「十八番」は、牛乳の入ったクリーミーな生地に天かすがたっぷり入っています。天かすが溶けないように何度もひっくり返されるので、サクサク感が魅力的です。

全国に50店舗を展開する「くくる」は、明石焼にこだわる老舗です。直径5センチの大粒たこが入っていて、仕上げに白ワインをかけるため、風味豊でまろやかな味です。

ミュージアム内には食べるだけでなくお店の他にも、たこ焼きの形のおまんじゅうやたこ焼き味のせんべい・キャンディー、たこ焼きのぬいぐるみやグッズなど、おみやげが販売されています。さらにはたこ焼きのルーツや歴史・道具品などの紹介・展示もされているので、食べて、観て、買って、楽しめるミュージアムです。

 政治ニュース専門ブログ  ネットブックPCって何? その利用法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
冷凍たこ焼き(2009年8月15日)
大阪たこ焼きミュージアム(2009年8月15日)
たこ焼きの誕生(2009年8月15日)
たこ焼きが生まれるまで(2009年8月15日)