Top > たこ焼きの誕生

たこ焼きの誕生


店長オススメ!!たこ焼き(8ヶ入り6パック48個)+焼きそば3パック!! 【送料無料】

 

戦後、関西で「一銭洋食」を平らな鉄板ではなく、くぼみのあるものに流し込んで焼けば広がらず、食べやすい一口サイズで作れることを発見した人がいました。小さな丸い形をしていることから「ちょぼ焼き」と呼ばれ、これがたこ焼きの原型となります。

ちょぼ焼きは駄菓子屋や屋台で手軽に焼ける子供のおやつとしてブームとなり、その後、大阪の食文化の中で進化していきます。昭和初期になると、大阪の売りであるダシと薄口醤油を生かした「ラヂオ焼き」が生まれます。醤油を下味にしたダシで小麦粉を溶かし、それにこんにゃくやネギなどを入れたもので、その大人気ぶりにちなんで当時の最先端メディアから名付けられました。

昭和10年、スジ肉の入ったラヂオ焼きを販売していた会津屋の店長が、明石のお客さんに「明石ではたこ入れて食べるで」と言われ、たこに合うラヂオ焼きの生地の研究をし、たこ焼きが誕生します。実は、明石では、たこは毎日の食卓に並ぶほど身近なものだったため、すでに大正時代から軽く焼いた卵の黄身にたこを包んだ「明石焼」が、ダシにつけて食べられていました。しかし、明石ではたこ焼きとしてではなく、明石焼という名で広まっていたため、「たこ焼き」と呼ばれるものが誕生したのは大阪ということになるのです。

 投資信託は株より儲かるのか  プロテインダイエットで本当に痩せられるか
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
冷凍たこ焼き(2009年8月15日)
大阪たこ焼きミュージアム(2009年8月15日)
たこ焼きの誕生(2009年8月15日)
たこ焼きが生まれるまで(2009年8月15日)